岩盤浴とは?そのしくみと効果


今や健康法の一つとして定番にもなっている岩盤浴。しかし、なんとなく体によさそう、と思って興味を持ったり、通ってみたりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。「岩盤浴に入ったあと、お肌がツルツルになった!」という経験や口コミはありませんか?それは気のせいではなく、きちんとした理由があるのです。あらためて、岩盤浴とは何なのか。ここでは、岩盤浴の効果や利用方法について詳しく説明いたします。

岩盤浴のしくみ

岩盤浴とは、天然の特別な鉱石に熱を加えることにより放射される遠赤外線で体の深部を温め、 深部からの発汗作用により健康・美容・癒しなどさまざまな効果をもたらす温浴健康法です。 また、マイナスイオンも多く放射されるため、相乗効果で身体により高い有効性があることも特徴です。

岩盤浴に入ると、体の芯からじわじわと温められることで大量の汗をかきます。この『体の芯からじわじわ温める』 力は、岩盤浴の石から発生する赤外線の力によるものです。赤外線で体内の水分を震動させて内側からじっくり温め、老化の原因となる酸化した皮脂や老廃物を体の芯から汗として絞り出し、新鮮な「脂」をふくんだサラサラの汗が出てきます。

このサラサラの汗は、皮膚の表面をリンスするようにして覆ってくれるので、その結果、岩盤浴の後はツルツルのお肌になります。これが岩盤浴に入った後、ツルツルのお肌になって美肌効果として表れる理由です。

岩盤浴の効果

身体の若返り・アンチエイジング
岩盤浴による発汗作用は、通常の体の表面の発汗作用とはまったく異なり、体内の深部から生じるものです。 そのため発汗により体の深部に蓄積された毒素が汗とともに排泄され(デトックス効果) 、身体のアンチエイジング(若返り化)を図ることが可能となります。

デトックス

岩盤浴は、老廃物や毒素を排出するデトックスにも有効です。
岩盤浴では遠赤外線効果の天然石や溶岩を利用して、大量の発汗を促します。大量の発汗が尿や便では排出できなかった、体内の老廃物を排出することができます。また、発汗することで毛穴が開き詰まった汚れも一緒に排出されるため、肌の美肌作りにも有効です。
ちなみに、サウナも岩盤浴同様にデトックス作用はありますが、岩盤浴は汗腺ではなく皮脂腺から汗が出やすいため、よりデトックス効果が高いとされています。

免疫力・抵抗力の強化
岩盤浴には免疫力を高める効果もあります。人間の体温が1℃上昇すると、免疫力が50~60%も上がると言われています。岩盤浴により体温が上がり免疫力が高まると、細菌やウイルスに強いカラダになります。さらに、岩盤から放出されるマイナスイオンとの相乗効果で、サウナよりも高い効果が期待できます。

また、自律神経を整える働きにも有効です。副交感神経の働きが高まってリラックスができ、ストレスの解消に効果があるとともに、疲労回復にもつながります。ポイントはゆっくりとした呼吸です。長めに息を吐いて吸うことで、リラックス効果が高まります。

美肌効果

岩盤浴では美肌効果も期待されています。女性にはとてもうれしい効果ですね。
岩盤浴では皮脂腺から汗が排出されます。この皮脂腺から排出される汗は複数の脂肪酸を含んでおり、この脂肪酸は皮膚のPH値を調節する働きをし、潤いのある肌を保つ効果があり、まさに天然の保湿クリームと言えます。
美肌効果の恩恵を最大にするには、岩盤浴後の汗は流さない方がよりよいということ。タオルで体を軽く拭くだけの方が、かえって肌の潤いを保ち美肌作りに有効です。

また、岩盤浴は血行を改善して肌の代謝も良くしてくれます。ターンオーバーが促されるので、肌の状態が良くなり美肌につながります。

ダイエット効果

岩盤浴は45℃前後の室内で、天然石や溶岩が放出する遠赤外線を利用したサウナのようなものです。サウナよりも室温が低いため、カラダの内側から温める作用があります。とくに冷え性の方は冷えている内臓が温まるので効果が高まります。
カラダの内側から温まることで新陳代謝を促し、痩せやすいカラダが作れます。また、代謝が促されることで、肌にもよい影響をもたらすので一石二鳥とも言えますね。

岩盤浴後は脂肪が燃焼しやすい状態になっているため、ダイエット効果が抜群です。効果はウォーキングのような有酸素運動と同程度と言われています。
ダイエットを期待するには週に2~3回の岩盤浴がおすすめですが、難しい方は週1回でも十分です。なによりも継続が大切といえます。