岩盤浴へ行く時の持ち物をチェック!

岩盤浴の効果や入力法についてお話したところで、次は肝心の持ち物について。
岩盤浴にはじめて行く方は何を持っていけばよいのは戸惑いますよね。

ここでは、岩盤浴で基本的に必要なものとあれば便利なものをご紹介いたします。岩盤浴の施設によっても違いはありますが、最近では気軽に岩盤浴に通えるよう、タオルやお水、各種アメニティをレンタルしている施設も増えてきているようです。
事前にホームページや電話で確認をしておくと安心ですね。

岩盤浴の持ち物

岩盤浴着 ★
タオル ★
お水 ★
下着
化粧道具
ヘアゴム・ヘアブラシ
ビニール袋

持ち物詳細

★がついているものは、岩盤浴をする際に必要な持ち物です。
それ以外はあれば便利なので、必要に応じて用意していくとよいでしょう。

岩盤浴着 ★

岩盤浴着はほとんどの施設で用意されていることが多いです。施設によっては岩盤浴着がないところもあるため、まずは事前に確認しましょう。
持参する場合は、Tシャツに短パンなどで十分かと思いますが、できるだけ締め付けがなく、汗をかいても吸収してくれるものがおすすめです。温められた石の上に寝転がるので、あまり露出の激しいものは避けたほうがよさそうですね。

また、岩盤浴は専用の入浴着を着用して下着は外すのが基本マナーです。下着・アクセサリー類はすべて外して入りましょう。どうしても身に着けたい場合は、スポーツ用の下着だと速乾性が高いため、大量に汗をかいてもベタベタにならずに済みます。

タオル ★

こちらも施設で貸出や販売をしているところが多いですが、持参する場合はバスタオル1枚、フェイスタオル2枚くらいを準備していきましょう。普段から大量に汗をかく人や、岩盤浴後に軽くシャワーを浴びたり、温泉が併設されていて前後に入浴をしたりする場合は、多めに持っていかれるのをおすすめします。
石が思ったより熱いと感じる場合にはタオルで調整もできるので、あればとても便利です。

お水 ★

岩盤浴では大量に汗をかくのでお水が必要です。汗と同時に失いがちなミネラルも同時に補えるミネラルウォーターが理想です。500ml~1,000ml程度の水分摂取を忘れないようにしましょう。
また、汗をかいたからといって一気飲みするのは良くありません。喉が渇いた、と感じる前に少しずつこまめに飲むのがポイントです。

岩盤浴室を出てすぐのところに水飲み場や休憩スペースを設けている施設もありますので、暑くて苦しくなったら無理せず外に出て、同時に水分も補給するなど自分なりに工夫してみてみましょう。

下着

先ほどもお伝えしたように、岩盤浴は専用の入浴着を着用して下着は外すのが基本マナーです。禁止されているわけではないようですが、岩盤浴は大量の汗をかくため、身に着けていても汗で不快になってしまうので、最初から脱いでおいた方が賢明だといえます。どうしても下着を付けたいという場合は、大量に汗をかくので替えの下着が必要です。

化粧道具

化粧水、乳液などは置いてある施設もありますが、肌が弱い方や普段使っている物が安心の方は持っていっておいたほうがよいでしょう。荷物になるのが嫌な人は小分けの容器に入れたり、試供品を持参したりするのがおすすめです。

岩盤浴で流れる汗には保湿効果があると言われており、なるべく化粧を落とした状態で入るのが望ましいため、クレンジングもあれば便利です。
岩盤浴をしたあとスッピンで帰る方はとくに必要ありませんが、お化粧をして帰られる方は化粧道具も必要です。

ヘアゴム・ヘアブラシ

髪の長い方は、汗をかいて寝転ぶので、邪魔にならないよう束ねておくための髪留めを持っていきましょう。
ヘアブラシは、化粧スペースに置いてあるところもたまにありますが、衛生面から基本的にはないことが多いので、持参していくと安心です。施設によっては受付で簡単なコームやブラシを販売しているところもあります。

ビニール袋

タオルや着衣を持参する場合は、たくさんの汗をかき衣類などが濡れてしまうため、それらを入れて帰るビニール袋があればとても便利です。入れて帰るだけなので、しっかりした袋でなくても、スーパーのレジ袋等で十分かと思います。